文房具と遊ぶ

海外の文房具事情について、フランスの街角からお届けします

製図用ホルダー【ファーバーカステル TK-9400】はシャープペンのような鉛筆!?

スポンサーリンク

 

こんにちは、クリポンです。
鉛筆の良さと言えば、消しゴムが使えること。書いて消してまた書いて・・・と何回でも書き直しができるのは、鉛筆の強みです。ボールペンなどは簡単に消せないですからね。安定した太めの字が書けるのも、鉛筆ならではの長所です。
消しゴムが使えるペンは鉛筆だけではありません。シャープペンもそうですよね。最近は鉛筆よりも、便利なシャープペンを好む人の方が多いかもしれませんね。
果ては鉛筆かシャープペンかと悩めるところですが(私だけ?)、実は選択肢は2つだけではないんですよ。シャープペンのような鉛筆が存在するのをご存知でしょうか。
今回は、鉛筆とシャープペンの「あいのこ」のようなペン、ファーバーカステル Faber-Castell の製図用ホルダー「TK-9400」をご紹介します。

便利な製図用ホルダー、ファーバーカステル「TK-9400」 

製図用ホルダー「TK-9400」 は鉛筆?シャープペン?

数あるシャープペンの中で、ちょっとマイナーな位置にある製図用シャープペン。でもその書きやすさから、「ぜひ普段使いに」と、あえて製図用シャープペンを選ぶ社会人や学生の方が少なからずいます。
製図用ペンで最も多いのが、一般的なシャープペンタイプです。例えば以前ご紹介した、ファーバーカステル「バリオ L」がそうですね。
製図用シャープペンにはホルダータイプもあります。これらは製図用ホルダー、または芯ホルダーと呼ばれています。
今回ご紹介するのは、ファーバーカステルの製図用ホルダー「TK-9400」です。

f:id:cripon:20200403024215p:plain

バリオLについてはこちらで書いています!

www.criponparis.com

 
製図用ホルダーの使い方はシャープペンと変わりはないものの、違いは使用する芯の太さです。ご覧のように、製図用ホルダーの芯は、鉛筆の芯ほどの太さがあります。
鉛筆の芯だけ取り抜いて、軸で挟み込んだのがこのペン。「芯ホルダー」と呼ばれる所以ですね。
太い芯はペン先でしっかり固定されています。ファーバーカステルのTK-9400は、たとえ筆圧が強くても、芯がぐらついたり、ホルダーの中に芯が引っ込んだりすることはありません。書き具合はとても安定しています。

f:id:cripon:20200403024216p:plain

 

製図用ホルダーは進化した鉛筆?

製図用ホルダーを使う長所は、芯が太いので折れにくく、筆記時の安定感があることです。そして、シャープペンの文字は細字であるのに対し、製図用ホルダーは太字です。
状況によっては、太字のペンを必要とすることもありますよね。ならば鉛筆で十分なのでは、と思われるかもしれません。でもあえて製図用ホルダーがおすすめなのは、シャープペンのように、芯をホルダーの中に収納できるからなんです。鉛筆でよくあるように、ペンケースやカバンを芯で汚すことがありません。

芯はシャープペン同様に、尻軸をノックすることで好みの長さに調節できます。

f:id:cripon:20200403024100p:plain


シャープペンの芯は細いので、削らななくてもいいですよね。しかし製図用ホルダーの場合は芯が太く、鉛筆のように定期的に芯を削る必要があります。 ファーバーカステルでは専用の芯研器が用意されています。

f:id:cripon:20200403024150p:plain

 


ファーバーカステル 184100 ハンディ芯研器 2mm芯用 プラスチック 【ペンハウス】(80)


ファーバーカステル 186600 ハンディ芯研器 2mm、3.15mm芯両用 【ペンハウス】(800)

「TK-9400」に消しゴムはついていません。ペンの長さはバリオLと同じくらいです。バリオLは一般のシャープペンより少し長め。「TK-9400」も気持ち長めのペンです。

f:id:cripon:20200403024242p:plain

 

鉛筆感覚で使える製図用ホルダー「TK-9400 」

ファーバーカステルの製図用ホルダーは、どのくらいの重さなのか。私の持っているシグノ、ファーバーカステルのバリオLと比べてみました。

  • TK-9400 : 10g
  • バリオL : 15g
  • シグノ : 11g

TK-9400は比較的軽いペンです。鉛筆が6〜9gであることを考えると、鉛筆に似せた重さとも言えます。
TK-9400の軸は細めですが、これも鉛筆を握った感覚を再現しているのかもしれませんね。個人的に軸の細さは、さほど気にはならないです。でも太めの軸が好きな方は、軸の細さに少しばかり頼りなさを感じるかもしれません。

 

ファーバーカステル・製図用ホルダーの種類

製図用ホルダーTK-9400は、芯の太さにより2つのタイプから選べます。一つは2mm芯用のもの、もう一つは3.15mm芯用です。

特に2mm芯用のTK-9400は、尻軸に芯の濃さ(HB, Bなど)が記入してあるものと、ないものがあります。しかしどちらも形が全く同じで、両方とも型番はTK-9400です。どちらを選ぶかは好みですが、芯の濃さが記入されている方は値段が多少高いようなので(ショップによります)、買うときには注意してみてくださいね。

軸に芯の濃さが記入されていても、指定の芯の太さであれば、好きな濃さの芯を入れられます。ちなみに私が所有しているホルダーは2mm芯用で、軸には「B」と書かれています(上の写真を見てください)。でも2mm芯の2Bを入れて使っています。

ファーバーカステルの製図用ホルダーは、TK-9400のほかに、型番TK-4600とTK-9500があります。この2つはクリップ付きなのが共通点ですが、形は違います。それぞれ使えるのは2mm芯のみです。特にTK-4600は、尻軸のキャップに芯研器が備わっています。

型番についての説明が複雑になりましたが、表にしてみたので参考にしてみてくださいね。

 

f:id:cripon:20200403014001p:plain
TK-9500 : 

 

TK-4600 : 


替え芯の濃さですが、ファーバーカステルのものでは、2mm芯は11種類(6Hから3Bまで)、3.15mm芯は3種類(4B、5B、6B)あるようです。替え芯は一箱10本入りです。

f:id:cripon:20200403024259p:plain
  

 

私のお気に入り製図用ホルダー

興味から製図用ホルダーを買って1年ほどになりますが、気にいって使っています。私が持っているのはファーバーカステルのみで、他のメーカーのものはまだ使ったことがありません。
海外・国内の様々なメーカーから製図用ホルダーが出ており、それぞれに形や重さなどに特徴があります。いろいろと試して、いずれまた記事にしてお伝えしたいと思います。