ぺんてる「筆タッチサインペン」新色・海外限定色もまとめてレビュー

2021-10-13

こんにちは、クリポンです。
カラーの筆ペンが好きで、気になるものがあると試しています。筆先の細い太いの違いが出しやすく、筆記の感触が面白くて、書き始めると止まりません。

最近のお気に入りの一つは、ぺんてるの筆タッチサインペンです。厳密には筆ペンではありませんが、筆の感覚で使えるペンです。
筆先が小さめなので、手帳やA5サイズのノートにぴったりで重宝しています。それに2020年に登場した新色が可愛くて、使いやすい色が揃っています。

今回はぺんてるの筆タッチサインペンについて、海外限定色についてもご紹介します。


ぺんてる【筆touchサインペン】の新色・既存色を一気に紹介!

海外でも人気! 筆タッチサインペン

ぺんてる Pentel が販売する「筆タッチサインペン」は、使いやすく定評のあるペン。多くの人が一度は使ったことがあるのではないでしょうか。

色取り取りな筆タッチペン

「筆タッチ」とありますが、ペン先が筆のようにしなる、筆感覚のサインペンです。文字を書くだけでなく、イラストやカリグラフィにも適しています。

筆タッチサインペンは海外でも販売され、人気があるんですよ。上の写真では軸に「brush sign pen」と書いてありますが、私が持っているのは海外版です。

細くて程良くしなる筆先

穂先は細く尖っていて、適度にしなるので、強弱のある線や文字が簡単に書けます。

本来このペンは細字ではありません。でも軸をなるべく立てて浮かせ気味に書くことで、かなり細い線が書けます。そうやって、私はよく手帳に小さい字を書いています。

小さい字を書くのなら、他の細字ペンを使えばいいわけです。でも独特な筆ペンの文字が面白く、あえてこのペンを使う時がよくあります。

筆タッチのペン先

2020年に新色6色が登場!

世の中の手帳・ノート術ブームと相まって、文房具業界ではカラーペンの新色発売が相次いでいます。

筆タッチサインペンにおいても、2020年に新色が登場しています。日本では6色、海外ではなんと12色が発売となりました。

こちらがその新色6色です。

新色ペンの色名は?

セットではなく、気に入った色だけをバラ売りで購入したいこともあります。そんな時は色名が必要になりますよね。

参考までに、ペンの色名を以下に挙げます(写真の一番上のペンから順番に書いています)。

人気のパステル色入り6本を並べた様子
  • ライトグレー
  • ペールピンク
  • バーガンディ
  • ターコイズグリーン
  • オリーブグリーン
  • バーガンディ
  • ブルーブラック

新色の色見本

こちらが色見本です。ロイヒトトゥルムに書いてみました。

ぺんてる新色6色の色見本

パステル系が2色(ライトグレーとペールピンク)、そして鮮やか系が4色です。

調和のとれた6色で、どんなふうに組み合わせても可愛く書けます。使いやすくなじみの良いの良い色ばかりです。

この中で、ライトグレーは色が薄めです。文字を書いても読みにくく、イラストやマーキング向きだと思います。

海外では12の新色が登場

海外では2020年に、新たに12色が加わりました。

こちらは私がフランスで購入した新色セットです。

新色12本とパッケージ

ぺんてるのサイトによれば、トレンドカラーが6色(上の写真の左半分)、そしてパステルカラーが6色(右半分)と説明されていました。

海外ではこの12色が加わったことで、既存の色を含め全部で24色揃ったことになります。 ぺんてるは日本のメーカーですが、海外の方が色数が多いことにちょっと驚きました。

12本の色名は?

12本のうち、6本は日本で発売された新色と同じです。

人気のパステル色入り6本を並べた様子
  • ライトグレー
  • ペールピンク
  • バーガンディ
  • ターコイズグリーン
  • オリーブグリーン
  • バーガンディ
  • ブルーブラック

そして残りの6本、こちらが海外限定色になります。

海外限定の6本を並べた様子
  • ピンクパープル
  • ブルーバイオレット
  • ペールブルー
  • ライトグリーン
  • ペールブラウン
  • グレーブルー

海外限定色の色見本

この6色でも色見本を書いてみました。

海外限定色の色見本

綺麗ですよね。おしゃれな色でどれも素敵です。これらの色なら日本でも人気色になると思うのですが、なぜ海外だけなのでしょう。海外限定色の販売があるときは、ぜひチェックしてみてくださいね。

個人的にはペールブルーとグレーブルーが気に入っています。発色がかなり薄めなんですが、控えめなところがかえって心地よく、シンプルな雰囲気を出せます。

手書きのデイリーカレンダー

使い勝手良し! 既存の12色

筆タッチサインペンは、もともと12色からスタートしています。

パッケージ写真

12本じゃなくて…下の写真では11本しかありません。というのも、青色を使い切り、まだ補充していないんです。

私のぺんてる筆タッチサインペン

既存色でも色見本を書きました。(スミマセン…青色が欠けています)。

定番色の色見本

12色は原色系といいましょうか。色味が濃くはっきりと見やすい色ばかり。この12色もいろいろな用途で使えそうです。

新たに6色が加わり、現在日本でのカラーバリエーションは18色です。18色を組み合わせて書くのもおすすめです。

12色のうち、6色(ブラック・レッド・ブルー・グリーン・ピンク・スカイブルー)を抜き出したものがこちらです。

手放せなくなった筆タッチサインペン

筆タッチサインペンの筆先は、細すぎず太すぎずといったところでしょうか。小さな字を書くのには向かず、例えば日記のように、文字を長く書き連ねていくのはちょっと疲れます。でもタスクを書いたり、一言メモ書きするときなどにはぴったりです。筆らしい味わいのある字で逆に目立ちます。今や私の手帳やノートで欠かせないペンです。