【ラミー 2000】シャープペンが人気の理由は? その秘密に迫る!

2021-12-13

こんにちは、クリポンです。
ラミーには、サファリをはじめとする人気モデルが多くあります。中でも根強い人気を誇るのが「ラミー2000」です。

ラミー2000が登場したのは、50年以上も前のこと。しかしその人気は衰えることなく、新しい世代にも次々とファンが生まれています。

一体何がそんなに人を惹きつけるのでしょうか。今回はラミー2000のシャープペンについてお届けします。

「LAMY 2000」レビュー! 文房具好きが気になるシャープペン

時代を超えて愛される「ラミー 2000」

ラミー2000は、ドイツの文房具メーカー「ラミー LAMY」が販売する筆記具の一つです。

ラミー2000シャープペンの全体

今回ご紹介するのはシャープペンです。ラミー2000は、他にも万年筆やボールペン(油性・水性)があります。


ラミー2000が誕生したのは1966年、万年筆が最初でした。翌年67年にボールペン、続いて69年にはシャープペンが登場しています。

どんな製品でも、50年も前のモデルとなると、多少なりとも時代遅れの感があるものです。しかしラミー2000からは、そのような古臭さは一向に感じません。むしろ常に先を行く、先見性のあるデザインと言えるでしょう。

ラミーの特徴は?

ラミー製品の特徴は、機能性とデザイン性の両方を兼ね備えたものが多いことです。ラミーは独特な方針として、デザイン制作を外部の人気デザイナーに委託しています。

そのためでしょうか、どのモデルにもデザイナーの個性が光っています。

ミュラー氏が手掛けた名作の一つ

ラミーが有名ブランドとして飛躍するきっかけとなったのは、ゲルト・アルフレッド・ミュラー氏による「ラミー2000」です。

ミュラー氏は他にもいくつかのモデルを手掛けていますが、よく知られている一つに「cp1(シーピーワン)」があります。

写真は上がcp1(ボールペン)、下がラミー2000です。

ラミー2000とcp1の比較
ミュラー氏が作った2本のペン先の様子

こう見ると、2つはよく似ていますよね。軸の質感や形が違いますが、デザインのコンセプトは、似たところから出ているように思います。

どちらも無駄な装飾は一切省き、シンプルの極限に到達している感があります。一方、洗練されたデザインで、他の追随を許さない。まさに多くの人が好むデザイン例ですね。この辺りに、時代を超えてラミー2000やcp1が愛される秘密があるのかもしれません。

ラミー 2000シャープペンを大解剖!

おしゃれなヘアライン加工

ラミー2000シャープペンの素材は、軸は樹脂(ポリカーボネート)、クリップやペン先などの金属はステンレスです。

樹脂の軸には、細かい縦線の模様が見えます。

木目調の軸
シャーペン後部のヘアライン加工

この模様は、ヘアライン加工(細かい縦の筋を入れる)と呼ばれるものです。この加工が施されていることで、樹脂なのに木軸のように見せる効果があります。

金属部分にもヘアライン加工がなされています。

ペン先の金属はヘアライン加工されている

金属も樹脂もすべてヘアラインで統一されているのがポイント。金属と樹脂の素材の違いはあれど、一続きの模様のように見えることもあり、ごく自然に両素材が調和しています。

クリップもヘアラインです。

ヘアライン加工が施されたクリップ

滑りにくいグリップ

グリップ部に特別な仕様はなく、つるんと滑らかな線を描いています。しかしヘアライン加工のため、触れるとわずかに、ざらつきがあります。

このざらつきのおかげで、特別なグリップがなくても、滑りにくくなっています。

グリップ部の写真

ラミー2000はペン先から後部に向かって、ゆるい弧を描いています。そのためグリップ部は程よい太さがあり、握りやすいです。

先ほど、ざらつきと書きましたが、嫌なざらつきではないですよ。むしろ触れた時の感触は良く、気持ちよく握れるシャープペンだと思います。

書き味に関しては、変に力を入れずとも、手の重みだけで自然に書き進められます。個人的には疲れを感じにくく、楽に書けるシャープペンです。

ばね仕掛けで開くクリップ

クリップの側面には、さりげなくLAMYの文字が刻まれています。ぱっと見ではどこのメーカーか分からない、このくらい控えめなロゴが私は好きです。

クリップの側面に書かれたlamyの文字

最近は色々な筆記具で見かけるようになりましたが、ばね仕掛けのクリップで、はさみやすくなっています。

クリップそのものは細くて先端が少し尖っています。握った時に、この先端の部分が手に当たるとちょっと痛い…そんな違和感があります。でも慣れてくると無意識のうちに、クリップが当たらない向きで握るようになり、今では気にならなくなくなりました。

芯の太さ

芯の太さは2種類あり、0.5芯用と0.7芯用から選べます。

私のシャープペンは0.7芯用です。キャップに「7」と記してあります。

後部キャップに7と書かれているのは、0.7芯用の意味

ラミー2000は消しゴム付きです。キャップを外せば消しゴムが顔を出します。

キャップを外すと消しゴムが現れる

消しゴムが短くなってきたら、留め金ごと外します。

シャープペンを分書きした様子

消しゴムの留め金は、軸から外すと写真のようにゆるくなり、隙間ができます。消費するたびに、少しづつ消しゴムを引き出していけば、最後まで使い切れますよ。

ちなみに芯を補充するときも、消しゴムと留め金を外します。

0.5mm芯用です:

0.7mm芯用です:

替えの消しゴムも販売されています。型番はLZ10(またはZ10)です。

シャープペンの重さは?

重さは18gで、筆記具の重さとしては中くらいです。このシャープペンを握って、重いと感じる人はあまりいないでしょう。

逆に製図用などの重量のあるものに慣れていると、軽くて物足りなさを感じるでしょう。ラミー2000は軽すぎず重すぎず、万人向けの重さだと言えます。

他のラミー筆記具についてはこちらをどうぞ :

多くの人に好かれる、飽きのこない筆記具

発売から50年を経ても人気が衰えないラミー2000。実際に手にしてみてその理由が納得できました。書きやすさはもちろんのこと、特別に凝ったところはないのに洗練されていてその存在はユニーク。使って飽きのこないデザインとは、まさにこのことだと思います。長く使っていきたいと思える一本です。