使って楽しい!【水彩色鉛筆 ゴールドファーバー アクア】

2020-11-03

こんにちは、クリポンです。
水彩色鉛筆ってどんなものなのか、知らない人にとっては謎めいた色鉛筆ですよね。使ってみると、面白い画材であることが分かります。でもいざ買ってみようと思うと、その種類や値段の幅が広く、選ぶのに悩みます。私も購入時に迷いましたが、昔からのファーバーカステル好きとあり、やっぱり選んだのはこれでした。

きっとファーバーカステルの色鉛筆をお探しの方が多いかと思います。参考になればと、今回は水彩色鉛筆「ゴールドファーバー アクア Goldfaber Aqua」についてご紹介します。

 

使ってみたい水彩色鉛筆 ファーバーカステル「ゴールドファーバー アクア」

中間の価格帯 Faber-Castell「ゴールドファーバー色鉛筆」

色鉛筆って本当にいろいろなメーカーのものがありますよね。海外製品で買いやすいのは、ファーバーカステルやステッドラーでしょう。

ファーバーカステルの色鉛筆に関していえば、種類がたくさんあって、違いが分かりにくいんです。ここではまず、種類について簡単にご説明しましょう。 ファーバーカステルの色鉛筆は、大きく3つの価格帯に分かれています。パッケージ(箱や缶)の色で区別されており、赤色(低価格帯)、青色(中価格帯)、緑色(高価格帯)の順になります。それぞれの価格帯で、油性色鉛筆と水彩色鉛筆があります。

今回ご紹介したいのは中価格帯の青色パッケージ、こちらの水彩色鉛筆です。

 

「ゴールドファーバー アクア」と名付けられています。ちなみにこの青缶の油性色鉛筆の方は、単に「ゴールドファーバー」と呼ばれています。 色の種類は12色、24色、36色、48色の4つ。私の水彩色鉛筆は24色です。

 

 

こちらで赤箱の油性色鉛筆について書いています。

 

ゴールドファーバー アクア、気になる値段は?

ファーバーカステルの水彩色鉛筆のうち、ゴールドファーバー アクアは中間の価格帯にあたります。中間って・・・どのくらいの値段なのか、曖昧ですよね。

「ゴールドファーバー アクア」と、緑色(高価格帯)の高級水彩色鉛筆「アルブレヒト デューラー」を比べてみましょう。 アルブレヒト デューラーはこちらです↓


ファーバーカステル アルブレヒト デューラ水彩色鉛筆 24色 缶入117524 [日本正規品]

 

比較するにあたって、ドイツ・ファーバーカステルのサイトに表示されている値段を見てみました。

その結果、色の数(12色、24色、36色、48色)にかかわわらず、「アルブレヒト デューラー」は「ゴールドファーバー アクア」の約1.7倍の値段でした。

まあそうですね・・・。「ゴールドファーバー アクア」はとても質の良い水彩色鉛筆ですが、「アルブレヒト デューラー」はその上をいくと思います。日本でもアマゾンで調べると似たような値段の比率です。

赤色(低価格帯)はゴールドファーバー アクアの約半分ほどの値段になります。3つの価格帯の色鉛筆には明らかな値段の差があり、質もそれぞれ違います。目的に合わせて選ぶとよいでしょう。

 

 満足できる質・発色の良さ

ファーバーカステルのゴールドファーバーは、個人的には文句なしの質です。

ところで低価格帯の赤箱の油性色鉛筆も持っています。綺麗な色で悪くないのですが、発色が弱めで、思ったような色が出ないんです。色鉛筆の先に圧力をかけながら数色の重ね塗りをしていって、ようやくそれらしい色が出るという感じです。

でもゴールドファーバーは違います。1本1本の発色が素晴らしいです。それほど力を入れずに塗っていっても、鮮やかな色がパーッと広がります。色のグラデーションもつけやすく、塗り絵などをしていて面白さが増すように思います。

水彩色鉛筆ゴールドファーバー アクアは、水で溶いた瞬間、色の鮮やかさがさらに増すような印象を持ちました。単色も混色も色味を失うことなく綺麗な色が出ます。油性・水彩色鉛筆に限らず、質の良い色鉛筆はやはり違うのだなと思った次第です。

 

水彩色鉛筆「ゴールドファーバー アクア」はこんな色!

1. チューリップで試してみる

試し塗りをしてみます。桃色の色鉛筆でササっとチューリップを書きました。 紙は中目の水彩紙を使っています。

 

8色使って色を付けてみました。ところどころ、2色の混色をしています。

 

筆に水を含ませて、塗った部分を溶いていきました。色鮮やかに浮かび上がります。

 

 

濡れたところを乾かしてから、水彩色鉛筆でさらに描き込みました。

 

描き込んだところを、再度軽く水を含んだ筆でなぞりました。 重ね塗りは1回のみ、即席!?水彩画の出来上がりです。

 

 

 

2. 百合で試してみる

先ほどの絵よりもっと丁寧に・・・ということで、今度は黄色系の色を使って百合を描いてみました。 下書きの段階で大きく描き始めたのよいものの、勢い余って左の花びらを描くスペースがなくなってしまいました。でもこのまま続けます。 中目の水彩紙を使って描いています。

 

7色使って色を付けました。

 

塗った部分を水で溶きました。水を乗せると色が鮮やかになる、この瞬間が好きです。

 

乾かしてからさらに細部を描き込みました。その後軽く、水を含んだ筆でなぞって、とりあえず完成としました。もっと重ね塗りをしていくこともできます。 ゴールドファーバー アクアはどの色も鮮明に色が出ます。楽しくてどんどん描き込みたくなってしまうような色鉛筆です。

 

使い方は人それぞれ、個性のでる水彩色鉛筆

水彩色鉛筆はユニークな画材です。使うたびに書き方や色の重ね方について、新たな発見があります。 色を付けてさっと水で溶き、シンプルに色付けするのもよし。あるいは重ね塗りをしていき、繊細かつ濃厚な色使いの絵を描くのもよし。使い方にルールはなく、色の乗せ方や水の使い方など人それぞれ、十人十色な絵が出来上がるでしょう。興味を持たれた方はぜひ日々の楽しみに、水彩色鉛筆に挑戦してみてくださいね。