【ロディア ウェブノートブック】好みのサイズで自由にカスタマイズ

2020-10-08

こんにちは、クリポンです。
手早く何でもスマホに記録しておけるこの時代、それに反するかのように、手書きのメモにこだわる。そんな人っていますよね・・・ハイ、私もその一人です。なぜ手書きが好きなのか。それは書くという動作が刺激となり、手や脳に独特な気持ち良さを感じるからなんです。
仕事柄、手書きが多いこともあり、昔からペンやノートにこだわりがあります。ノートなどはすぐに使う予定がなくても、気になると買って集めてしまう・・・。文房具好きならよくあることですよね。
今回はそのようにして集めたノートの中から、ロディアの「WEBNOTEBOOK」をご紹介します。

 

機能性バッチリな「ロディア ウェブノートブック」

感触柔らかなノートカバー

ロディア Rhodia と聞いてまず頭に思い浮かぶのは、あの有名なメモ帳ではないでしょうか。でもここ最近、ジワジワと人気上昇中なのが「ウェブノートブック webnotebook」です。
一見、なんの飾り気もないノートです。でもシンプルだからこそ、その奥に隠された魅力に迫ってみたい気持ちにさせられます。

 

 

カバーは合成皮革でできています。ハードカバーノートでありながら、ぷにっと弾力性のある、柔らかな感触が好きです。

 

 

ページ数は192ページとボリュームたっぷり。それでいてしっかりと丈夫に作られています。書くときは左右のページをほぼ真っ平らに、180度に開くことができ、それでもノートを傷めることはありません。

 

サイズと色が選べるノートブック

ロディアのウェブノートブックは、次の3サイズが用意されています。

  • A4 (21×29,7cm)
  • A5 (14,8x21cm)
  • A6 (10,5×14,8cm)

 

各サイズとも、次の3色から選べます。

  • オレンジ
  • シルバー

 

ロディアといったら、やはりシンボル色である黒とオレンジを並べたくなるのは、私だけでしょうか。この色の組み合わせが好きです。
(写真のオレンジのノートはウェブノートブックではなく、ロディアラマと呼ばれるノートです。)

 

 

 

 

 

 

使い勝手が良いロディア ノート

ウェブノートブックがおすすめなのは、見かけがシンプルだからだけではありません。何と言ってもポイントは、ロディアならではの紙質の良さ。実際に見て触れてみると、丈夫で上質な紙が使用されているのがよく分かります。
紙の色は少しクリームがかったアイボリー。手で紙の表面を触れた時の、すうっと滑る気持ちよさがたまりません。

 

 

 

紙質に満足できるウェブノートブック

ウェブノートブックには90g/m2のベラム紙が使用されています。フランスでは、高級紙とされる紙です。
90g/m2は、坪量(つぼりょう)を表しています。1平方メートルあたりの、紙の重さのことで、紙質を示します。詳しくはこちらで解説しています。

 

 

ウェブノートブックの罫線は?

罫線のスタイルは、横ラインとドットの2種類あります。フランスでは無地タイプも販売されています。
ドットというのは、点線が入っているもので、例えば下の写真のようなものです。
(これはロディアのノートではないのですが、ドットの見本に・・・)

 

 

ドット柄のウェブノートブックは、流行のバレットジャーナルにもぴったりなノートですよ。

 

ぜひ万年筆で書いてみてほしいノートブック

万年筆ユーザーであれば、ぜひ試して欲しいウェブノートブック。滑らかな書き心地であるうえに、インクが裏抜けすることはほとんどありません。発色が良く、ストレスなしに思いっきり使えるノートだと思います。
ところで私の経験によれば、一般にフランスのノートは、どのメーカーでも、インクの裏抜けがほとんどないように思います。フランスでは主要筆記具として、万年筆が使われてきた歴史があるからかもしれませんね。

フランスの万年筆事情について書いています。

 

まだある!ウェブノートブックの便利なこと

一番最初の写真にありますが、ウェブノートブックにはゴムのバンドがついています。使わない時は、バンドでノートを固定できます。一時的にメモ用紙を挟んでおく、なんて使い方もできそうです。

またノートにブックマーク用の紐がついているのも嬉しい点です。しっかり縫い込まれているので、簡単に紐が抜けてしまうことはありません。ページ数が多いウェブノートブックは、しおり代わりの紐があることで、ノートの途中でも見失うことなく、マークしておけますよ。

押さえておきたいポイントはまだあります!表紙の裏側に、インナーポケットがついているんです。メモなどをしまっておくのにとっても便利。さりげないのに存在感があるポケットが、なんともおしゃれです。

 

 

ウェブノートブックの黒バージョンは、筆記のページを除けばオールブラック。重量感のあるノートなだけに、地味どころか、この黒さは逆に目立ちます。さりげなくカバンからウェブノートブックを出して、サッと何かを書き込む・・・誰かのそんな姿を見たら、男女問わず、思わず見とれちゃいそうですね。

 


ロディア ウェブノートブック A6

 

どんな用途にも使えるウェブノートブック

ウェブノートブックは工夫次第でいろいろと使えます。仕事やプライベートなどで、長期間にわたって、大事なことを書き留めていくのにぴったりなノートです。私は主に日記やアイデア帳として、A5サイズを活用しています。次はオレンジの無地タイプのウェブノートブックが欲しいなと、密かに計画中です。