新色「カランダッシュ ゴリアット芯」使える!ターコイズとバイオレット

2021-08-19

こんにちは、筆記具好き!クリポンです。
これまでボールペンについて、あれこれと書いてきました。中でもカランダッシュ849は、大好きなボールペンの一つです。書きやすく、しかも斬新な配色でかっこいい見た目に魅了されています。

849のボールペンには「ゴリアット」と呼ばれる芯が使われています。私は青色しか持っていなかったのですが、今年に入り新色2色が登場。これは欲しい!とビビッときて、2色購入しました。

今回はカランダッシュのゴリアット芯、新色2色をレビューします。


CARAN D’ACHE 849 ゴリアット芯に新色が登場!

「バイオレット」と「ターコイズ」注目の2色

2021年に発売されたゴリアット芯の新色、バイオレットとターコイズはこちらです。

透明なチューブに入っています。見た目が可愛いです。

通常、849のボールペン購入時には、黒色か青色の芯が付属しています。私の849は全て青芯で、そのまま青色を使っていました。

カランダッシュでは以前より、別売りリフィルとして赤、緑、青、黒の4色があります。私は青以外の色にしたいなと思っていたものの、まあそのうちに…と替えずにいたんです。

そうこうしているうちに、バイオレットとターコイズという、私好みの色が発売されることに。迷わず2色揃えです。


カランダッシュ CARAN D’ACHE ローラーボール替芯/油性ボールペン替芯 F細字 0.5mm M中字 0.7mm B太字 0.8mm ブラック/ブルー/レッド/グリーン/バイオレット/ターコイズ BB-BK/BF-BK/BF-BL/BF-RD/BM-B/BM-BL/BM-GR/BM-RDRF-BK/RF-BL/BB-BL/BM-TQ/BM-VI 822/842/841

ゴリアット芯とは

ゴリアット芯とは、カランダッシュ849ボールペン用の芯のことです。滑らかな書き味が特徴で、しかもインク量たっぷり。長さにして、8キロメートルもの筆記が可能なのだそう。

毎日たくさん使っても、数年は持ちそうなのが嬉しいですね。

849ボールペンについてこちらで詳しく書いています。

気になる新色、どんな色合い?

2色を使ってささっと落書きをしてみました。

ターコイズとバイオレット、なかなか良い色です。

どちらも薄すぎることなく見やすい。優しい色合いです。私が常用する青芯とも色の相性が良く、3色使ってのノート書きも綺麗に映えますよ。

849のリフィル交換の方法

色の違うリフィルへの交換は、毎回ワクワクします。こちらの2本に入れました。

849のリフィル交換は、後部より行います。
ノックをする部分がネジになっています。ペン先を下にして持ち、ノック部を右に回せば、ネジが緩んで外れます。

芯を入れて、再びノック部を差し込み、右に回してネジを締めれば交換完了です。

書いて描いて色で愉しむ

水色と紫色、ボールペン芯の色として珍しいわけではありません。でも大好きな849でこの色が使えるのが嬉しいです。サイトに説明がありましたが、単に(真面目な)筆記をするだけでなく、これら色を使ってライティングを愉しんで欲しいとありました。まさにそう思います。私もこの2色であれこれと彩って遊んでみます。