「888 インフィニット」カランダッシュのPOPなボールペン 

2021-10-10

こんにちは、クリポンです。
自称ペン好き、あれこれと試すのが好きです。おしゃれで可愛いものならば、使わずとも、目に見えるところに置いておくだけで満足しちゃいます。ペンは私にとって、気分を上げてくれるアイテムです。

今回は書いても置いても楽しい!カランダッシュのボールペン「888 インフィニット」についてです。


「888 インフィニット」遊び心あり! 書きやすいボールペン

カランダッシュらしい鮮やかさ

こちらの写真はカランダッシュ「888 インフィニット(infinite) 」です。

カランダッシュ888の全体

知る人ぞ知る!?カランダッシュのボールペン「888 インフィニット」。実はカランダッシュ筆記具の中で、一番下の価格帯にあります。

私のペンは軸が赤色ですが、他にも黄や緑、紫など、鮮やかな色がたくさん揃っています。ポップなデザインと色が可愛いです。

私の持っているのはボールペンですが、888 インフィニットにはシャープペンもあります。

ペンを前方斜めから見た様子

カランダッシュというと、高級なイメージを抱く方もいらしゃるでしょう。なんとなく近づきがたい印象があるかもしれませんね。

でも実際は、カランダッシュ筆記具の値段はピンキリ。888 インフィニットのように手に取りやすい価格の筆記具も存在するんですよ。


カランダッシュ CARAN D’ACHE 888 インフィニット メカニカルペンシル 0.7mm 全10色 0884

スイスのブランド「カランダッシュ」

「カランダッシュ Caran d’Ache」はスイスの老舗文房具メーカー。高級品から子供用のものまで、デザイン性に富んだ商品を扱っています。
中でも「カランダッシュ 849」は日本でもよく知られ、人気があるコレクションです。888よりも有名ですね。

「849」は独創的でありながら、2000円くらいから購入でき、ファンやコレクターが多くいます。

「カランダッシュ 849」についてはこちらをどうぞ:

プラスチック軸のペン

888 インフィニットのペン軸とクリップは、合成樹脂で作られています。ペン先とノック部分は金属です。

合成樹脂、つまり軸はプラスチック製です。それもあって正直なところ、888 インフィニットに高級感は感じられません。1000円前後で買える海外製ペンなので、まあそんなところでしょうか。作りはしっかりしていますよ。

このペンの場合は、遊びのあるデザインと色を楽しむのがいいかもしれません。

ツヤツヤとした赤色の軸です。クリップの横にはCARAN D’ACHEの文字が入っています。

軸に書かれているカランダッシュの文字

クリップの根元にある六角形マークは、カランダッシュのシンボルです。鉛筆を後部から見たところでしょうか。

クリップの根元のロゴマーク

部品は全てスイスで製造されているとのこと。軸には「SWISS MADE」の文字が見えます。

スイスメイドの刻印

軸は太めの6角形です。手になじんで握りやすい軸だと思います。でも場合によっては、特に汗をかくと滑りやすいかもしれません。

ボールペンのペン先

ペンの重さですが、量ってみたら21gありました。どちらかというとペンの後部に重さがあります。


書き味よし!満足ボールペン

888 インフィニットに付属しているリフィルは「スイスライド SwissRide」です。カランダッシュで開発されたものです。

インフィニットを分解した様子

このリフィルは驚くほどインクの出が良く、滑らかに書けます。

ちなみに849では「ゴリアットカートリッジ」(またはゴリアット芯)と呼ばれるリフィルが使われています。888とは違うリフィルになります。

個人的にはカランダッシュ849よりも、888 インフィニットの方が書き心地がスムーズで書きやすいです。

888 インフィニットは芯の質と書き味に関して、値段の安いボールペンの割には良品だと思います。



【ボールペン 替え芯】カランダッシュ CARAND’ACHE ボールペン替芯<スイスライドカートリッジ> 1本入 852 【ペンハウス】 (350)

ゴリアット芯について書いています :

製造終了なのか…インフィニット888

書き味の良い888 インフィニットは、デザインの好みが分かれそうですが、なかなか良いボールペンです。
実は現在、888 インフィニットはカランダッシュのサイトから消えており、製造終了なのかなと私は思っています。どのメーカーも時間とともに、新しいモデルに変えていくのは仕方ないですからね。すぐに888 インフィニットが市場から消えることはないと思いますが、気になる方は調べてみてくださいね。