ペリカン【Jazz ジャズ】ボールペン リーズナブル!なのに驚く質の良さ

こんにちは、クリポンです。
筆記具が好きで、時間があるときにあれやこれやと見ています。海外ではシャープペンよりも、ボールペンのラインナップの方が充実しています。そんなわけで「これいいなぁ〜」と、目に止まるのはボールペンの方が多いです。

最近手にしてみて良かったものに、ペリカンのジャズというボールペンがあります。価格の割に作りがしっかりしていて、書きやすいうえに見た目もなかなか。大人らしいデザインのペンです。

今回は安くておしゃれなペリカン「Jazz ジャズ」の魅力についてお届けします。


PELIKAN「Jazz」高見えすること間違いなし!大人ボールペン

人と被らない!?ボールペン「ジャズ」

ペリカン「ジャズ クラシック」ツイスト式ボールペン、赤色軸です。

ペリカンジャズのボールペン1

ペリカンらしい洗練されたデザインで、キュートさもあわせ持つおしゃれペンです。

ペリカンは世界に知られるドイツ発の老舗文房具メーカー。高級筆記具スーベレーンをはじめとする各種筆記具、さらには学童文房具まで、幅広い製品が揃っています。

数あるペリカンの筆記具の中でも、「ジャズ」は日本ではまだ知名度の低いモデルです。販売されているお店は限られています。

パッケージに印刷された商品名

今のところジャズは、知る人ぞ知るマイナーボールペンでもあります。周りの人と被らない筆記具を探している!そんな方にもおすすめのボールペンです。

ジャズってどんなペン? 特徴は?

低価格ボールペン

ジャズの特徴は何なのか、それは低価格のツイスト式ボールペンということに尽きます。日本では2000円以下で購入できます。ヨーロッパでは購入場所によっては1000円以下で手に入ります。

私のものは、このように簡易パッケージ入りでした。

パッケージに入った状態のボールペン

よく見れば高級感に欠けますが、安っぽくはありません。デザインや丈夫さ、使いやすさ、書きやすさを考えると、海外メーカーでこの値段ならなかなか良いと思います。

芯の繰り出しはツイスト式

この価格帯ではノック式ボールペンが多い中、ジャズはツイスト式です。クリップのあるシルバー色の部分を左右に回すことで、芯の出し入れができます。

ペリカンジャズのボールペン2

ツイスト式は、芯の出し入れをする時の、エレガントな仕草に惹かれますよね。でも片手で操作できるノック式に比べて、多少面倒であることは否めません。この辺りは好みですね。

ジャズには3タイプあり

ペリカンのジャズには3タイプあり、それぞれクラシック、エレガンス、パステルと名前がついています。各タイプで軸色バリエーションが豊富で、全部合わせると20種類にもなります。これだけあれば男女を問わず、好みの1本が見つかりそうです。

今回ご紹介しているのは「ジャズ クラシック」で、全12色から選べます。私が持っているのは赤軸です。

「ジャズ エレガンス」は、軸全体の色がブラックまたはホワイトになります。エレガンスのみ、万年筆バージョンもあります。

「ジャズ パステル」は軸全体がパステル色で、全6色あります。

ジャズについて細かく知りたい!

ペンの重さは?

ジャズは金属製です。軸の赤い部分はプラスチックじゃないんですよ。金属ということで頑丈ではあるものの、その分、重さが加わります。

重さ : 24g

筆記具は20gを超えるあたりから重く感じるものです。しかしジャズは重量のバランスがよく、個人的には嫌な偏りを感じず重さが気になりません。握りやすく書きやすいボールペンだと思います。

大きめ頑丈クリップ

「ジャズ クラシック」と呼ばれるモデルは、軸の後部がシルバー色で統一されています。

クリップがあるボールペンの後部2

光沢があり鏡のように反射します。ただ指紋がつきやすいのが難点ですね。

存在感のある大きめのクリップが付いています。

クリップがあるボールペンの後部1

クリップはバネじかけになっていて、大きく開きます。分厚く束ねた紙なども挟めそうです。

大きく開くクリップ

写真では無理やりクリップにものを挟みこんでいますが…丈夫なので、簡単には壊れそうにありません。

握りやすい軸

軸の赤い部分は金属に塗装が施してあります。シルバーの部分と同様に光沢があり、艶もあって綺麗です。

ペン先の様子

軸の形は、芯の方に向かって絞るように細くなります。軸は細すぎず手に馴染み、握り心地が良いです。ただ手が乾燥しすぎていたり汗をかくと少々滑りやすいこともあります。

ペン先がガタガタと動く?

ツイスト式のペンでは、回し具合が足りなくて芯が中途半端に出ている状態だと、芯が揺れてガタつきが起こることがあります。

その場合は完全に回せるところまで回して、芯を出し切った状態で書いてみて下さいね。

程よい大きさのペン

写真のみでジャズを見ていると、大きなペンのように見えるかもしれません。私も手にする前は、貫禄のある大きめなボールペンを想像していました。

でも実際はそれほどでもなく、持ち運びに便利なサイズです。

マッキー油性ペンとの長さ比較

芯が出ている状態でのジャズの長さは、ちょうど14cmになります。マッキーの油性ペンとほぼ同じくらいです。

書き味良し!のペリカンリフィル

ペリカンのジャズは購入時、初期搭載として、字幅M(中字)の青色ボールペン芯が入っています。残念ながら芯の太さや色は選べないようです。

線幅はMとパッケージに記載されている

海外メーカーなので線幅は太めかと思いきや、ペリカンのMは程よい太さでした。

試し書きの例

さすがペリカンのリフィル、書き味がとても良いです。書き初めからかすれが全くなく滑らか。これは良い!と気に入りました。

ジャズとスーべレーンは同じリフィル

ジャズのボールペンリフィルは、スーべレーンと同じなんです。リフィルはペリカンの品番337が使われています。

ボールペンを分解した様子

ペンの分解は簡単です。軸の赤い部分を下にして持ち、クリップのあるシルバーの部分を左に回していくと外れます。

秀逸なペリカンのリフィルですが、替芯を購入するのに値段が高めなのが悩みどころです。でも大丈夫、ペリカン337はパーカータイプ(G2規格)なので、パーカー、ジェットストリームなどと互換性があります。好きなリフィルで末長く楽しむことができますよ。

こちらが使えます。

こちらの記事もどうぞ :

ジャズなら仕事でも活躍する1本に!

ペリカンのジャズは私的には満足のいくボールペンでした。この値段でこの品質ならばかなり良いように思います。ペリカンで2000円以下というと学童用のものが多い中、大人仕様のジャズはデザインも申し分なく仕事でも使えます。人により、ツイスト式であるがゆえの好き嫌いがありそうですが、試してみる価値のある1本だと思います。

ボールペン

Posted by cripon