【ラミー サファリ】シャーペン 人気の秘密を知りたい!

2022-06-10

こんにちは、クリポンです。
ドイツの文房具メーカー「ラミー」には、多種多様な筆記具が揃っています。中でもサファリは、最も人気があり売れているモデルです。海外発らしいポップな見た目が印象的で、子供から大人まで、サファリのファンは世界中にいます。

なぜそんなに人気なの!? 今回はラミーサファリのシャープペンについてレビューします。


LAMY「SAFARI」知れば欲しくなるシャーペン

人気の秘密はここにあり!

こちらは「サファリ」のシャープペン。イエローは定番色の一つです。

ラミーサファリのシャープペン

有名なサファリの筆記具は、日本では万年筆同様、シャープペンも大人気です。人気の秘密は何なのか、気になりますね。

個性的なデザイン

一番の理由は、唯一無二のデザインにあるでしょう。世の中には、似たようなデザインの筆記具が多くあります。でもサファリは独自路線を行っており、それは誰もが認めるところです。個性的なものに惹かれる人は多いのです。

使いやすさ

サファリが優れている点は、見た目だけではありません。使い勝手の良さにもあります。

グリップの形や軸の太さは秀逸です。子供から大人まで、手の大きさに関わらず、握りやすい形を取っています。程よい重量(12g)であることもポイントです。

例えば極端に細軸または太軸のもの、あるいは重量が重めの筆記具は、使う人を選びます。万人受けする形状をしているのがサファリなのです。

気になる素材や重さは?

素材はプラスチック

シャープペンの素材は、主にプラスチックが使われています。

シャープペンの全体写真

クリップとガイドパイプ(ペン先の芯が出される部分)は金属です。

重さ

重さは12gと軽量です。子供でも楽に使えるシャープペンです。

9色ある軸色

サファリのシャープペンの軸色は、以下の定番色9つです。万年筆のような限定色は、シャープペンにおいては展開されていません。ちょっと残念ですね。

  • グリーン
  • ピンク
  • ブラック
  • シャイニーブラック
  • ビスタ(スケルトン)
  • ホワイト
  • イエロー
  • レッド
  • ブルー

黒色軸は「ブラック」と「シャイニーブラック」があります。違いは次の通りです。

ブラック

  • ツヤのないマットな質感の軸
  • クリップの色が黒(つまりガイドパイプ以外はオールブラック)

シャイニーブラック

  • ツヤのある軸(上の写真のイエロー軸と同じ質感です)
  • クリップの色がシルバー

芯の太さ

現在販売されているサファリのシャープペンは、ほとんどが0.5mm芯用です。0.7mm芯用はラミーで製造終了となったようで、現在もまだ見かけるものの、数が少なくなっています(値段も上がっています)。

私のシャープペンは0.7mm芯用で、尻軸に「7」と書かれています。

キャップにある7の数字は芯径0.7mmを表す

0.7mm芯のサファリです。

ここに注目!サファリのシャープペン

握りやすいグリップ

グリップは握りやすくできています。それもそのはず、人間工学に基づいて作られているのです。

シャープペンの前部の様子

サファリは円形軸です。しかしグリップ部分は3ヶ所、平面状にカットされています。このおかげで握った時にちょうど親指、人差し指、中指がいい具合に収まります。

握りやすいように形作られたグリップとペン先

軸の太さは細すぎず太すぎず、年齢性別に関わらず、持ちやすいように作られています。書き疲れを感じさせないグリップです。

大きめクリップ

クリップにも個性が光ります。サファリに限らず、ラミーの筆記具は、クリップの形にこだわりがあり、一工夫されているものが多いです。

サファリの独特な形状のクリップ

大きめなクリップなので、ノートやファイルに安定よく留められます。また尖った部分が無く、服の胸ポケットに引っ掛けても、生地を傷めることがなさそうです。

クリップの様子

サファリでは全筆記具でクリップの形が共通です。上は万年筆、下がシャープペンです。

サファリ万年筆とシャーペンのクリップの比較

大きさが違いますが、形は同じです。この特徴的なクリップを見て「あ、サファリだ」と認識することが多いんですよ。

お馴染みのラミーロゴは、クリップの裏側に書かれています。

軸に刻まれたラミーのロゴ

消しゴムはキャップの中に

消しゴムも付いています。後部のキャップの下に隠れています。

後部のキャップの中にある消しゴム

ゴムの量が少ないので、あっという間になくなりそうです。普段は他の消しゴムを使う方が良いかもしれません。

たとえ消しゴムを使い切っても大丈夫、替消しゴムが別売りされているので安心です。

サファリの替消しゴムの品番はlamy「z18」です。「lz18」と表記されていることもあります。

芯の補充方法は?

芯の補充は、消しゴムを外して行います。消しゴムは軽く引っ張るだけで簡単に外れます。

ペンを分解した様子

シャープペンを壊さないために(詰まらせないために)、補充する芯は3本以内としておくのが良いでしょう。

0.5mm芯のブラック、シャイニーブラック、イエロー、レッド、ホワイト、スケルトンはこちら:

グリーン:

ブルー:

ピンク:

0.7mm芯です。

ラミーの筆記具について書いています:

海外で販売されるシャープペンが少ない理由

サファリの万年筆やボールペンは毎年登場する限定色が有名です。発売を楽しみにしてコレクションをする人もいます。残念ながらシャープペンに関しては定番色しか販売されていません。なぜ?って思いますよね。

日本ではシャープペンをよく使いますが、海外ではシャープペンよりも、ボールペンや水性ペンを使う傾向にあります。そのためヨーロッパの文房具メーカーではボールペンの販売を重視し、シャープペンよりもボールペンの方がより展開されていることが多くあります。シャープペンは売上に繋がらないということもあるのでしょう。ラミーでもボールペンの方がモデル数が多く充実しています。海外製のシャープペンを探していて、製図用以外は品数が少ないことに疑問を感じた方もいらっしゃるかもしれません。意外にも海外製シャープペンが少ない理由として、こんな事情があったのですね。

シャープペン

Posted by cripon